林牧場ロゴ

ABOUT US林牧場について

ごあいさつ

代表取締役 林篤志 写真

当社のはじまりは、私の曾祖母の時代に遡ります。当時は多くの農家が数頭ずつ豚を飼っていた時代で、曾祖母が飼っていた雄豚を農家に連れて行って、種付けをしてまわるという仕事をしていたそうです。そして祖父の時代の昭和28年、会社として創業となりました。当初は家族労働を中心としていましたが、現会長である父の時代から徐々に規模を拡大し、現在では養豚専門企業として国産豚肉のおよそ2%を生産する、国内有数の規模へと成長してまいりました。

そして、平成から「令和」へ。新たな時代が始まりました。
時代が変わっても、当社の基本的な想いは一貫しています。

当社の理念は、豚と人と環境にやさしく、「世界一キレイでカッコイイ養豚」を実現すること。「スリーサイト方式」や「オールイン・オールアウト」など、豚が病気になりにくい生産システム。人間の勘に頼った管理や単純肉体労働からの脱却、センサーによる自動温度管理や、機械動力による給餌・除糞の自動化。人や豚の動線、働きやすさを考え、豚にストレスをかけない豚舎設備と飼養管理。環境問題をしっかりとクリアするための万全の糞尿処理方式、臭気対策。世界の情報を精力的に集め、どんどん進化していく遺伝、栄養学、飼養管理技術などを取り入れてきました。さらに、日本の強みである製造業からもヒントを得ながら、業界に先駆けて5S活動を取り入れ、それが他国の同業者へも広がっています。こうしたシステムや技術の導入により、当社の農場は「養豚場に見えない」と言われるまでのレベルに達してきました。
当社はこれからも、より高い品質の豚肉をより低いコストで生産し、その豚肉を安定的にお取引さま・お客さまに供給するため、今後もどんどん進化する最新技術を取り入れ、科学に基づいた緻密な養豚を進めてまいります。
当社の本社がある群馬県は畜産の盛んな県であり、農業・畜産業の中で生産高が最も大きいのが養豚です。当社は群馬県内の最大の養豚企業として、また70年近くにわたって地元の基幹産業に携わる企業として、プライドと責任を持って事業に取り組んでまいります。

そして私たちの事業価値とは、「豚肉を通じて世の中に幸せを提供すること」です。美味しいものを食べているとき、人は幸せを感じるものだと思います。美味しい豚肉を食べた人は、きっと幸せを感じるでしょう。私たちが作っているのは、幸せの源です。私たちは、世界一安全で、おいしい豚肉をつくることによって、世の中に幸せを提供できると信じます。
世の中に幸せを提供するためには、そこで働く社員も幸せでなければなりません。農業・畜産業は、一般的には重労働で休みが少ないイメージかもしれませんが、当社は完全週休2日制や省力化などの仕事環境を整えてきたことによって、たくさんの素晴らしい人財が集まり、活躍しています。女性社員比率は3割にのぼります。当社の社員には、大卒も高卒も中途採用も、外国人も、高齢者も、障がいを持っている方もいます。性別、学歴、経歴、国籍、年齢、障がいの有無を問わず、「誰でもどこかに活躍できる場所があるはずだ」というのが私の信念です。そして、当社で働く社員が仕事に誇りを持ち、永く働き続け、胸を張って自慢できる会社にしたい、と考えています。

また財務面については、これまで農業・畜産業にありがちな補助金に頼ることなく、また大きな負債を抱えることもなく、高い自己資本比率を維持し、自己資金での投資により会社を発展させてまいりました。国や自治体の保護に甘えるのではなく、ひとつの企業として自立し、まずは本業である豚肉生産の追求、つまり美味しい豚肉を安定生産することによって、しっかりと社会へ貢献すること。それに付随して、雇用と納税により地元地域への貢献も実現できる、と考えます。
世の中が変化するとともに、養豚も変化してきました。これからもさらに変化していくでしょう。当社は現状に満足したり安心したりすることなく、また時代の変化に取り残されることなく、生産システムのさらなるブラッシュアップを進めていきます。平成22年には自社飼料工場も稼働し、当社の大きな強みのひとつとなりました。今後、都市郊外や山間地は過疎化がさらに進行していくと思われますが、そのような立地環境で事業を展開する当社こそが、地域資源の活用と地元経済の維持・活性化のお役に立てるのではないかと考えています。
また平成25年には宮崎県の農場を買収し、すべて取り壊して最新の農場に生まれ変わらせました。それまでの当社のノウハウが、日本で最も養豚が盛んな南九州という地域においても充分に通用することが分かりました。今後もまた群馬県外での展開を視野に入れ、これまでに培ったノウハウを活かし、さらに磨きながら、企業として永く存続していくために、新しい挑戦を続けてまいります。
代表取締役 林 篤志

会社概要

商号
株式会社 林牧場
代表
代表取締役 林 篤志
創業
昭和28年8月
本社所在地
〒371-0241 群馬県前橋市苗ケ島町2331
資本金
1,000万円
売上高
124億円(平成30年1月実績)
飼養出荷頭数
約30万頭
従業員数
160名(パート含む)
事業所
本社/新里農場/AIセンター/新里サイト1C繁殖農場/すみれ農場/さくらそう農場/やまゆり農場/神梅農場/板橋農場/ひまわり農場/堀越農場/馬場農場/富士見繁殖農場A/富士見繁殖農場B/富士見離乳農場/富士見肥育農場/芳賀肥育農場
飼料工場
宮崎丸谷農場

企業理念

キレイでカッコイイ養豚を実現します

  1. 豚と人と環境にやさしい養豚を目指し、養豚のイメージアップに貢献します。
  2. 最新の設備と管理技術を導入し、科学に基づいた緻密な養豚を実践します。
  3. 地域社会を支え、「会社として永く存続していくこと」を大切にします。

事業価値

豚肉を通じて、世の中に幸せを提供します

  1. 世界一、安心安全でおいしい豚肉を、高効率・低コストで生産します。
  2. 美味しい豚肉は人々を幸せにします。私たちがつくっているのは「幸せ」「笑顔」「健康」の源です。
  3. 高品質な豚肉を定時定量・安定生産し、お客様にお届けすることが、私たちの使命です。
  4. 縁あって集った仲間である社員の幸せを第一に、安心して永く働き続けられる職場をつくります。
  5. 企業として自立し、健全な利益を上げ、雇用・納税により地域社会の活性化に貢献します。

社員の行動規範

「プロ意識」

養豚は、ビジネスでありサイエンスである

  1. 私たちは養豚のプロとして誇りを持ちながらも、謙虚に学び続けます。
  2. 基本に忠実に、凡事徹底を心がけます。
  3. 当事者意識をもって問題解決に当たります。
  4. よく働き、よく遊び、よく休む。定時までに集中して仕事を終わらせ、プライベートの時間も大切にします。

「向上努力」

豚を育てながら、人間も成長する

  1. 「現状維持は衰退」という危機意識をもち、変化には柔軟に対応し、新しいことを恐れずに挑戦します。
  2. たくましく、打たれ強く、困難さえも楽しみます。
  3. もっとシンプルに、もっとラクに、もっと速く、もっと安く。まだ工夫できることがある。

「仲間意識」

おかげさま、お互いさま

  1. 職場環境、人間関係を良好に保ち、仲間の役にたつことを喜びます。
  2. 明るく、元気に、嘘をつかない。健全な個人が集まって、健全な集団が生まれます。
  3. 年齢、性別、国籍、経歴、障がいの有無に関係なく、個々の能力を活かして力を合わせます。

沿革

1953昭和28年

沼田市で養豚業をはじめる
創業の頃の写真 創業の頃の写真2

1971昭和46年

沼田市より新里村(現 桐生市)に移転し
ランドレース種母豚100頭を飼育
放牧の様子 家族写真

1977昭和52年

母豚250頭に規模拡大

1989平成元年

株式会社林牧場に社名変更

1998平成10年

富士見村(現 前橋市)に肥育農場、浄化槽、コンポストを建設

2000平成12年

富士見村(現 前橋市)に繁殖農場を建設
前橋市に肥育農場と浄化槽・コンポストを建設
AIセンターを建設
浄化槽写真 コンポスト写真

2001平成13年

富士見村(現 前橋市)に離乳農場を建設

2003平成15年

新里村(現 桐生市)に繁殖農場を建設
前橋市に肥育農場を建設

2004平成16年

新里村(現 桐生市)に繁殖農場を建設
新里村(現 桐生市)に肥育農場(さくらそう農場)を建設

2005平成17年

桐生市に離乳農場(すみれ農場)を建設
桐生市に浄化槽を建設

2006平成18年

桐生市に肥育農場(やまゆり農場)を建設
富士見村(現 前橋市)に繁殖農場を建設
富士見村(現 前橋市)に離乳農場を建設
富士見村(現 前橋市)に浄化槽を建設
やまゆり農場写真

2007平成19年

前橋市に肥育農場を建設
本社農場に候補豚舎を建設
林 邦雄が群馬県から総合表彰を受賞

2008平成20年

桐生市に肥育農場(第二さくらそう農場)を建設

2009平成21年

桐生市に繁殖農場を建設
桐生市に肥育農場(第二やまゆり農場)を建設

2010平成22年

桐生市に離乳農場(第二すみれ農場)を建設
桐生市に繁殖農場を建設
前橋市に自社専用の飼料工場を建設
飼料工場写真

2011平成23年

前橋市に肥育農場(堀越農場)を建設
堀越農場写真

2012平成24年

桐生市に肥育農場(板橋農場)を建設
林 邦雄が群馬県から功労者表彰を受賞

2013平成25年

宮崎県の農場を買収
桐生市に肥育農場を建設(ひまわり農場)

2014平成26年

みどり市に肥育農場を建設(神梅農場)
神梅農場写真

2015平成27年

林 篤志が代表取締役社長に就任
林 邦雄が取締役会長に就任
前橋市に馬場農場(肥育農場)を建設

2017平成29年

旧赤城クローネンベルクを買収
林 邦雄(会長)が黄綬褒章を受章

2018平成30年

赤城クローネンベルク跡地に本社機能を移転
本社前での記念撮影写真

2019平成31年

第三さくらそう農場建設

アクセス

〒371-0241 群馬県前橋市苗ケ島町2331
お車でお越しの方
北関東自動車道「伊勢崎IC」より約30分
電車でお越しの方
上毛電鉄「大胡駅」よりタクシー約20分