林牧場ロゴ

RECRUITING採用について

人を知る

大熊茜 ポートレート写真
宮崎丸谷農場
  • 分娩部門 チームリーダー
  • 大熊 茜
  • 2015年入社
    麻布大学 獣医学部 卒業

入社から分娩部門に配属。
3年目に分娩部門のチームリーダーに就任。
農場の管理や部下の人材育成に取り組む。

私の仕事ってこんな仕事

写真
体格差のある母豚と新生子豚、それぞれが快適に過ごせる環境を整える重要な仕事

私が所属する分娩部門は、分娩から離乳までを管理する部署になります。また、今後の育成に大きく関わる重要な部署であり、とてもやりがいがあります。

体重200㎏にもなる母豚と1.5~6.5㎏程の子豚を同じ空間で管理します。そのため母豚と子豚では快適な温度が異なるので、両方に配慮した環境管理が必要です。母豚と子豚が快適に過ごせるよう五感をフルに使い、言葉を話さない豚をよく観察しなければなりません。

写真

私は、経験を積むことで、細部にも気を配ることが出来るようになりました。結果として、病気の早期発見や分娩兆候に気づき適切な介助等ができるようになると、健康でより多くの子豚を送り出すことに繋がるので、やりがいを感じています。
いつも、より多くの子豚を健康な状態で次のステージに送り出せるようにとの思いで仕事をしていますが、努力を重ねた結果、普段より大きな子豚をより多く、次のステージに送り出せた時には、嬉しくなりますね!

宮崎県にある丸谷農場は群馬農場とは離れていますが、お互いによく連絡を取り合ったり、skypeでの合同ミーティングも行っているので、管理に差を感じることはありませんね。

Schedule
1日の流れ
7:30
出社。
8:00
一般管理(見回り、分娩介助、餌調節、治療等)。
12:00
お昼休憩。
13:00
一般管理(里子、修理、見回り等)。
17:00
連絡事項や翌日の仕事内容の確認後、退社。
写真

インタビュー

  • 林牧場を選んだのはなぜですか?

    大学で所属していた研究室で豚の飼育に携わり、豚の愛くるしさに魅かれました。豚に関わる仕事を探している中、林牧場の農場見学において、きれいで臭いの少ない農場だと感じました。また、当時の養豚業界では珍しかった週休2日制を取り入れ、女性も多く働いていた為、働きやすい環境だと思い入社しました。

  • 入社してよかったなと感じたことは?

    わからない点や新しい仕事など、先輩社員が優しく親身になって教えてくれ、アットホームな雰囲気が大好きです。また、3年目でチームリーダーとなり、若手でも活躍でき、能力をしっかり見てくれる会社でよかったと思います。

  • 現在の目標や夢はありますか?

    様々なセミナーに参加し、養豚全般のプロになりたいです。また、どこの部署にも負けない成績を出したいですね!

  • 休日はどんな過ごし方をしていますか?

    旅行です。特に温泉巡りが好きです!九州には黒川温泉や別府のなどの有名な温泉が沢山あるので、各地を巡りたいと思っています。
    旅行に行かない日は、家でゆっくり過ごすことが多いですね。

学生の皆さんへ一言

畜産系は休みが少なく、休みづらい印象を持っていましたが、週休2日シフト制で、まとまった休みが取りやすいのも、林牧場の魅力だと思います。また、若手でも活躍でき、仕事力をしっかり見てくれる林牧場で、ともに日本の養豚業界を盛り上げていきましょう!

写真
  1. INDEX